【期間限定】凡人のためのBreak Rule 2016 By 和佐大輔

成功者の共通ルーツを無料で公開!

世の中はインフォビジネス(情報商材)だらけ?

情報商材って単語を聞くだけで色々とイメージしてしまいますが。
実は、あなたの身近な所に情報商材は売られています。

例えば、身近な例で言うとコンビニなどに置いてある。

週刊誌フライデー、FLASH、週間現代、週間○○

この類の雑誌は芸能人スキャンダル、グルメ、政治経済、その他諸々
色んな業界の「情報・知識」をまとめて販売しています。

教科書、辞典、参考書など書籍もインフォビジネス(情報商材)です。
弁護士、料理本、インストラクターもインフォビジネス(情報商材)です。

弁護士は弁護する情報・知識を提供してお金を貰う
料理のレシピ(情報・知識)を本や教室で提供してお金を貰う
インストラクターは習得してきた情報・知識を教えてお金を貰う

それぞれ形は違えど、情報・知識を販売しお金と交換しています。

ネットを介して売買される情報の名称が情報商材と言われているだけで。
基本的にリアルビジネスの構造と何ら変わりありません。

前述にも記載しましたが、情報・知識を売るっていうのは悪いことではなく、
自分の持っている知識や経験、ノウハウをお金を貰って教えるだけです。

お金を稼いだ方法でもいいし、ダイエットに成功した方法でもいい、
ナンパに成功した方法や、目が良くなった方法、効率の良い勉強方法、
英語をマスターする方法、ホームページを作る方法、料理方法などなど。

人に教えられる「情報・知識」をあなたが持っていれば、
それを提供して対価としてお金を貰う事が可能になります。

例えば、あなたが「10万円稼ぐノウハウ」を持っていたとして、
その方法をPDFや音声などにまとめ。

ネットを使って価格1万円で販売して、
100人があなたの商品を買えば100万円です。

「1万円稼ぐノウハウ」
「異性にモテるノウハウ」
「マッチョになれるノウハウ」

などを500円でも、1000円でも売ってもいいんです。

本などがその典型例。

でも、本を出すには出版社を通して、編集、推敲の作業を繰り返し、
費用も素人は自費出版となり300部~1000部で80万~300万円掛かります。

圧倒的にリスクが高く、障壁が多い。

そんな障壁を度外視して、
情報・知識を個人で販売できるのが情報商材のいい所でもあります。

更に、ネットを使う事で日本人口130000000人を相手にビジネスが出来るので、
その中から100人、1000人と買ってもらえる情報・知識を提供すれば、
僕たちは自然と稼げるようになれるという事です。

情報・知識は日常で売買されている
情報・知識はお金に変えられる

この2つを覚えておいてください。

本編はコチラ。







このブログを少しでも楽しんで頂けたら、
応援ポチを1日1回していただけると嬉しいです^^

⇒石井ちゃんは今何位?

石井ちゃんのビジネス論を無料で公開中

毎月40~50万円の副収入をほったらかし(且つ安定的に)で稼ぎ、 時間に束縛されない自由な暮らしを手に入れたいと願うなら…

176,714円176,714円

あなたのライフスタイルが180℃変わる実践型ノウハウを限定配信中です。
全てを"無料"で公開してるので、是非ご覧になってください。

14000

※読者限定プレゼント企画も毎月開催中です。



最新無料ビジネス情報

  1. 17歳から10年連続1億円稼ぎ続ける男の秘密

    高校中退、元ニートで、17歳で起業して、わずか1年で年商1億円達成した秘密を暴露。

    ↓↓↓

  2. 年間6000万を稼ぎ続ける裏ロジックを無料公開

    年間6000万を稼ぎ続け、1700名の資産を10倍にし不労所得を実現する業界最高峰プログラムです。

    ↓↓↓

  3. 自由な人生を手にいれる教科書

    たった1人で3億円稼ぎ、20代でセミリタイヤ、雇われない生き方のすすめがここにある。

    ↓↓↓

「自由」を手に入れる為の徹底強化講座

14000


【期間限定】特別ボーナスコンテンツプレゼント中!

データ
14000

               

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.