【期間限定】凡人のためのBreak Rule 2016 By 和佐大輔

成功者の共通ルーツを無料で公開!

メールの返事を貰う(無視されない)為に必要な4つのポイント

1メールを無視される。返事が貰えない。
聞きたいのに教えてくれない。
困ってるのに。相談したいのに。

どうして無視されるの?何で?ねぇ…何で無視するの?

今日は「正しいメールの書き方・質問の仕方」についてお話しようと思います。

僕の所には毎日沢山のメールが来ます。

感想だったり、質問だったり、相談だったり、種類は様々です。

自分の情報発信に共感を持って貰えるってことは、とても嬉しいことです。

質問を頂くことで、メルマガの内容を見直したり、
内容を濃くしたり、理解しやすく文章書いたりと、
僕も日々、成長出来ます。

たまに「メール送るのが気まずくて…」という人がいますが。
そんな小さい事気にしないでいいです。

「今日は面白かったです!」
「今日の話はツマんなかったです…」

と、一言、二言でもいいので、
メールを送る(アウトプット)感覚を大事にして下さい。

僕にメールを送ることによって得られるものが沢山あります。

・ビジネス意識が上がる
・モチベーションが上がる
・作業にも熱が入る
・結果、稼げるようになる
・つまり自由に近づく

このように、良いこと尽くしなので、送らない方が損してると思って下さい。

躊躇せずガンガン、メール送って来て下さいね。

で!

ここからが本題なのですが。

沢山メールが来初めて、気になった事が出てきました。

それは「正しいメールの書き方・質問の仕方」です。

・ブログの作り方教えてくれませんか?
・どうやったら稼げますか?
・○○がわからないですが。

と、質問だけを送ってくる方がたまにいます。

こういうメールは基本的に無視します。

僕以外にも送る場合も、
こういった短絡的&一方的な文章は受けて側の印象良くありません。

何故なら、メールを読んでもらう、返事を貰うのは、
相手の時間を奪う行為なわけです。

それを、たった1行2行のメールで「○○教えて?」と言われて、

「はい!喜んで~!」と、
白木屋ばりの笑顔を出して教える人が一体いると思いますか?

一言、二言で「○○教えて」と言われても。

何を具体的に聞きたいの?
環境はどうなってるの?
ツールは何を使ってるの?

などと、聞かなければいけない情報は沢山あります。

ネットを通してメールを送るって事は、
顔も見えなければ素性もわからないわけです。

「返事を貰いたい」「アドバイスが欲しい」と思うなら。

丁寧に書いて返事を貰えるメールを書くように意識して下さい。

では。

「メールの返事を貰う(無視されない)為に必要な4つのポイント」

をお伝えします。

これが出来れば相手にも良いイメージを持たれ、
質問やアドバイスにも返事が来る確率がグンッと上がります。

1・挨拶


まず、基本中の基本。
挨拶は必ずしましょう。

「はじめまして」「こんにちは」「こんばんは」

「いつもメルマガ、ブログ勉強させて~~~」
「○○さんのメルマガ、ブログを読ませて~」

と、挨拶を入れます。

いきなり、文頭から本題に入る人がいますが。
あれは間違いなく無視されるし、失礼です。

しっかり、挨拶から入りましょう。
基本です。

2・自己紹介


次に自己紹介。

初めてメールを送る相手の場合は、
あなたの事を知らない場合がほとんどです。

なので、「僕は○○な人間です」と伝えることが必要です。

「初めまして[名前]と言います。
私/僕は○○歳で、○○に住んでて、○○をしていて~」

と、事細かに自己紹介をします。

2回目以降に送る場合も何度か自己紹介は送って下さい。
相手も1回や2回で覚えるわけがありません。

2回目
「○さん、先日メール送らさせて頂いた、○歳の○在住の○の[名前]です!」

3回目
「こんにちは!先日~のメール送らさせて頂いた、○で○の[名前]です。」

ここまで徹底してやれば相手の印象にもバッチシ残りますし。
「あぁ~、こないだの[名前]くんか~」という状態になります。

当たり前ですが、親近感が湧けば相手も好印象を持ちます。
好印象を持たれればメールの返事も返ってきやすくなります。

後、名前を知ってもらうと色々とお得です。

3・本題


本題、つまり一番聞きたいことですね。
簡潔にまとめて書きましょう。

だらだら文章を書くと相手も

「んっ?何が言いたいんだ?」 ⇒ スルー
「ながっ…めんどくさっ」 ⇒ スルー

こうなってしまいます。

でも、聞きたいことってまとめるの難しいと思います。
なので一番いい方法として。

「これこれこうこうこうかくかくじかじか…
今は、こんな状態です、まとめると○○○を聞きたいです。
どうしたらいいでしょうか?」

と、ちゃんと背景をしっかり明記した上で、
最後にまとめ(主に聞きたいこと)の質問をするのがベストです。

4・感謝


最後に感謝の気持ちを伝えましょう。
相手の時間を奪っているという感覚を持ち、

「読んでほしい、アドバイス欲しい、返事欲しい」

という気持ちを伝えます。

「お忙しいのに最後までお読み頂き本当にありがとうございます。」
「お忙しいと思いますし、返事は出来たらで構いません。」
「一言だけでもいいので頂けると嬉しいです。」

と、相手の配慮も考えて書きましょう。

-------
1・挨拶
2・自己紹介
3・本題
4・感謝
-------


「メール1通送るのにここまでするのかっ?!」

という、感じだと思いますが。

返事・アドバイスが欲しい場合は有効です。

逆に普段のメルマガの感想など細目に出していれば、
もっと距離は近いので長くなくても平気です。

相手も
「おっ、この人はいつもメールくれるな!いい感じ!」

と、なって。

自然と覚えてくれるようになります。
(メールに名前添えるの忘れずに)

だから、ガンガンメールを送るべきなのです。
メールを送ることによって。

・ビジネス意識が上がる
・モチベーションが上がる
・作業にも熱が入る
・結果、稼げるようになる
・つまり自由に近づく

と、自分にもメリットがあり。
更に相手とも距離が近づけるというWメリット。

あっ、後、最後に1点だけ。

メールを無視する一番多いパターンは大体決まっていて。

調べてわかることは返事は出しません

・ブログの作り方わかりません ⇒ 調べれば解決出来ます。
・機能の使い方がわかりません ⇒ サポートに聞いて下さい。

等、自分で解決出来る範囲のものは基本無視されるでしょう。

もし、聞く場合でも相手が返事しやすい質問を心掛けて下さい。

・この画像は何のソフトで作ったんですか?
・ブログの右上のは何のプラグインを使ったのでしょうか?

などなど。

相手に聞く側、教えてもらう側なのですから、
相手の事を考えて質問すればグッと返事も返ってきますよ。

是非、活用してみて下さい^^

追伸

文章の書き方というのは、
ネットビジネスで一番に重視すべき部分です。

何故なら、ネットの世界では“文字でモノを売る”からです。

コピーライティングも、DRMも、ブログもメルマガも全て文字。

文字で相手に自分の言いたい事を伝えないといけません。
文字で商品の良さを書かないといけません。

だからこそ、時間を掛けて相手に伝わる文章を、
書けるよう意識していきましょう。





このブログを少しでも楽しんで頂けたら、
応援ポチを1日1回していただけると嬉しいです^^

⇒石井ちゃんは今何位?

石井ちゃんのビジネス論を無料で公開中

毎月40~50万円の副収入をほったらかし(且つ安定的に)で稼ぎ、 時間に束縛されない自由な暮らしを手に入れたいと願うなら…

176,714円176,714円

あなたのライフスタイルが180℃変わる実践型ノウハウを限定配信中です。
全てを"無料"で公開してるので、是非ご覧になってください。

14000

※読者限定プレゼント企画も毎月開催中です。



最新無料ビジネス情報

  1. 17歳から10年連続1億円稼ぎ続ける男の秘密

    高校中退、元ニートで、17歳で起業して、わずか1年で年商1億円達成した秘密を暴露。

    ↓↓↓

  2. 年間6000万を稼ぎ続ける裏ロジックを無料公開

    年間6000万を稼ぎ続け、1700名の資産を10倍にし不労所得を実現する業界最高峰プログラムです。

    ↓↓↓

  3. 自由な人生を手にいれる教科書

    たった1人で3億円稼ぎ、20代でセミリタイヤ、雇われない生き方のすすめがここにある。

    ↓↓↓

「自由」を手に入れる為の徹底強化講座

14000


【期間限定】特別ボーナスコンテンツプレゼント中!

データ
14000

               

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.