【期間限定】凡人のためのBreak Rule 2016 By 和佐大輔

成功者の共通ルーツを無料で公開!

震災のあの日…僕は恐怖の中、爆睡してしまった。

こんにちは、石井です^^

昨日は3.11という事で、震災から4年経ちました。

震災のあの日は今でも衝撃的でした…





僕は事務の仕事をしに渋谷へ向かうべく、
電車に乗って移動していました。

疲れが溜まっていて、運よく座席に座れたので、
爆睡しているさなか…。

電車が急ブレーキを掛け、
辺りがザワザワし始めた時に異変を感じました。。。

ふと起きて外を見たら…

電柱がヤシの木ばりにウィンウィン傾いてるではありませんか…

それを見た瞬間、
何が起こっているのか瞬時に把握出来ず。

まるで三次元へとワープするかのように、
電車内からの外の風景は歪に蠢いていました。



僕は淡泊な性格の持ち主なので
(いや、非情とも言える)
その風景が目に飛び込んできた瞬間。



「電車内で身動き取れないしなぁ…しかも橋の上だし…
騒いでもどうにでもならないしなぁ…さて、寝るか…」

と、再度、目を閉じる事にしました。



でも、ものの数秒で僕は更なる恐怖に掻き立てられたのです。



それは。

「人間の恐怖」です。



車内には女性、子供、男性、老人と老若男女様々な人が乗っています。

電柱がヤシの木ばりに揺れ、電車も大きく揺れ動いているのですから、
頭が混乱し、パニック状態になるのが普通のリアクションと言えます。



「きゃあ!!!地震!!!」
「怖い怖いー!!!!」
「えぇ…何何?!死ぬの!?」

と、車内がパニックになりました。



僕はそっちの方が怖かったです。

女性、子供が騒ぎ、泣き、喚き、叫び…

まるで映画の1シーンかのような状況でした。



先程も述べましたが。

僕は非情で淡泊な男です。



「自然現象だし、地震が怖いのも分かるよ。
でも、電車内でどうしようも出来ないじゃないか、いちいち騒ぐなよ…。」

と、心の中で冷たく思っていた事を今ここで白状します。(苦笑)



超緊急事態にも関わらず冷静に、且つ客観的に物事を見ていたのは、
あの車内で何人いたでしょう…。

しかも、また寝るという暴挙に辿り着いた人間はきっと僕1人でしょう。

狂気の沙汰。



でも、やはり感情を掻き立てるのは人の言葉です。

そして、大衆が「怖い」と思い、それに伴う行動、リアクションを取れば、
触発されて二次、三次とそのパニックは肥大していきます。

むしろ、大衆と同じような思考に陥ってしまえば、
冷静な判断は出来ないし、ただただ思考停止状態になってしまいます。

実際、これはどんなシュチュエーションでも同じですけどね。



地震が落ち着き、近くの最寄り駅に降ろされ帰宅したかったのですが、
最寄り駅がその当時勤めていた職場から近かったので。

とりあえず、職場に行く事を決意し。

歩いて20~30分後に職場に到着。



職場内も未だパニック状態。

僕は心半ば、「今日は帰っていいよ」と言われると思ったのですが、
答えは真逆でした。



「とりあえず、これやっておいて」

「どひゃ?」



その後は淡い期待を持たず、黙々と仕事をしました。

「こんな緊急事態なのに仕事をさせられるって酷だ…クッソゥ…」



親にも連絡したのですが、
あの時は電波回線もパニックしていたので連絡が取れず。

さすがに親の安否は非情の僕でも気になります。

何とかして、親との連絡を取って安否を確認出来たのですが、
実家(横浜)の方はそこまで大きい被害はなかったようです。



そして、僕は仕事を定時の時間まで働き(こんな時なのに定時まで)、
早々と家に帰り、部屋がメチャクチャになってるだろうなと思っていたのですが。

部屋を空けると、家を出た時と全く変わっていませんでした。

CDが1枚床に落ちているだけでした。



「どひゃ?これだけ?」



ですが。

TVを付け、被災地の津波の映像を見た瞬間は、
さすがに何も言えませんでした…。

動画でその迫力ですから。

実際、被災された方は、
何倍もショックだったでしょうし。

今でも苦しい思いをしている方も多いでしょう。

心中察し致します。



が…。



苦しい思い、辛い思いをしても、
前を向き続けなければいけないといけません。

被害者は目の前で被害に合っていますから、
辛い気持ちが癒される事は一生ないでしょう。

でも、その気持ちを引きずったまま、
このまま生きていても、人生は良い方向に変わりません。



無論、僕にも悲しみ、苦しみ、妬み、辛みなど過去に沢山経験してきました。

震災にあった方と比べれば差こそあるものの。
時間は僕らに平等に与えられ、平等に経過しているのです。



過去を受け入れ、前に進んでいくしかないのです。

未来は自分の足で幾らでも変えられます。

過去の出来事を変える事は不可能ですが。

過去の自分を変える事は可能です。



僕らはこの世に生を生きている以上、
人生をまっとうしなければいけません。

震災で身内を亡くされた方も、
子供の分まで、親の分まで、友達の分まで生きないといけないのです。



辛い気持ちを沢山された方も多いでしょう。

でも、その気持ちにいつまでも浸っていても、
過去の出来事は変える事はできません。

むしろ、亡くなった方の為にも今を、そして未来を生きていきましょう。



よく。

「亡くなった人の分まで生きていこうよ!」
「あの時の出来事は忘れちゃいけない!」

と、言う人がいますが。



ただ生きて。
ただ忘れない。

これでは何も生かされていません。



表面的な事を美化して堂々と言う人が本当に多い。
傷のなめ合い的な。



なめ合うぐらいなら、
もっと絶望して、もっと希望を持って欲しいと思います。

希望は絶望から生まれるものです。



その時の情景を何度も思い出して欲しいです。

そして、今何をするべきなのか。
突然死んだとしても後悔しないと言い切れるのか。

など、まだまだ僕らがやる使命は沢山あります。









何か話が良く分からない方向になってきた…。汗

まあ、とにかく言いたい事は。



過去の経験を鵜呑みにせず、
未来を切り開いていこうという話です。



辛い経験も楽しい経験も、両側面あなたにもあると思います。

辛い経験からも学べる事は沢山あります。
楽しい経験から学べる事は沢山あります。

そうやって人は成長していくものです。



そして、目の前の希望を1つずつ叶えていきましょう。

幸せってそういう小さい所から積み重なっていくと思います。

震災で亡くなられた方がいる一方。
僕らは今こうして生きていられる事は幸せなことです。

だから、もっと自分を幸せにして、他人に影響力を持つ人間になり。
幸せになれる人を増やせたらどんなに素晴らしい事でしょう。



人生=自分磨きの旅



常にこう思って生きています。

何億人が作り出す、壮絶な物語に僕らはいるのです。

ずっと語り続けられる物語を作っていきましょう。





このブログを少しでも楽しんで頂けたら、
応援ポチを1日1回していただけると嬉しいです^^

⇒石井ちゃんは今何位?

石井ちゃんのビジネス論を無料で公開中

毎月40~50万円の副収入をほったらかし(且つ安定的に)で稼ぎ、 時間に束縛されない自由な暮らしを手に入れたいと願うなら…

176,714円176,714円

あなたのライフスタイルが180℃変わる実践型ノウハウを限定配信中です。
全てを"無料"で公開してるので、是非ご覧になってください。

14000

※読者限定プレゼント企画も毎月開催中です。



最新無料ビジネス情報

  1. 17歳から10年連続1億円稼ぎ続ける男の秘密

    高校中退、元ニートで、17歳で起業して、わずか1年で年商1億円達成した秘密を暴露。

    ↓↓↓

  2. 年間6000万を稼ぎ続ける裏ロジックを無料公開

    年間6000万を稼ぎ続け、1700名の資産を10倍にし不労所得を実現する業界最高峰プログラムです。

    ↓↓↓

  3. 自由な人生を手にいれる教科書

    たった1人で3億円稼ぎ、20代でセミリタイヤ、雇われない生き方のすすめがここにある。

    ↓↓↓

「自由」を手に入れる為の徹底強化講座

14000


【期間限定】特別ボーナスコンテンツプレゼント中!

データ
14000

               

“震災のあの日…僕は恐怖の中、爆睡してしまった。” への1件のフィードバック

  1. 長沢真帆 より:

    こんにちは
    長沢真帆です。

    あの地震があったとき私は小さい子供2名と自宅におりました。

    あまりの恐怖にパニックになりました。

    ああゆう時は子供は強いですね・・・。

    「大丈夫だから。」と私のことを抱きしめてくれました。

    「希望は絶望から生まれる」この言葉にズキっときました。

    絶望の中にどっぷりつかっていても何もならない。

    しかし、そこから希望を見出すことは難しいかもしれませんが、

    希望を持てば少しでも前に進める。

    その点はアフィリも一緒ですね。

    とても勉強になりました。

    ありがとうございます。

    応援ポチッ

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.