ネットビジネス用語大辞典






ネットビジネス含めビジネスで使われる、
関連用語を含めた大辞典です。

気になる単語や追加して欲しい用語などありましたら、
随時追加していくのでコチラから気軽にご連絡下さい。

_____________________________________

【あ】
アイデンティティ:自我同一性、自己同一性、自分は何者であり、何をなすべきかという個人の心の中に保持される概念
アウトソージング:外注(がいちゅう)のこと、外部組織からサービスとして購入する契約
アウトプット:発信力、学んだものを外に出す事で自分の知識として得るやり方、表現
斡旋(あっせん):間に入って双方をうまく取り持つこと。また、ある物や人を求める人に紹介すること。
軋轢(あつれき):仲が悪くなること。軋轢が生じる→亀裂が入る、不仲、対立、葛藤が起こる
アドバンテージ(advantage):利点、商品を手に入れる事で得れるメリット
アフェリエイト(Affiliate):提携する、関係する、系列、加入といった意味を持つ。クリックによるサイト誘導や商品の購入、サービス利用、新規会員登録などの 「成果」 が生じて初めてインセンティブとしての広告費が生じる広告のこと
一貫性の法則(原理): 人は自身の行動、発言、態度、信念などに対して一貫したものとしたいという心理が働く。自分で発した言葉や行動に対して一貫性を貫こうとする。 自分で決めた事には自分で逆らえない。
逸脱:本筋や決められた枠から外れること。ルールから外れた望ましくない行動ないし態度を指す時に使われる。
イニシエーション(initiation):意味や解説。ある集団や社会で、正式な成員として承認されること
インフォプレナー:情報企業家、情報を作って販売する人
インフラ:GoogleやFacebookの様な、生活の基盤を作るビジネスのこと
エデュケイト:知識を与える、その人の能力を引き出す
横断的:異なる分野・種類などを超え、違う世界との繋がりを遮断しないで広く受け入れること。
オマージュ:尊敬する作家や作品に影響を受けて、似たような作品を創作する事。「オマージュを感じた」

【か】
懐疑(かいぎ):物事の意味・価値、また自他の存在や見解などについて疑いをもつこと。(懐疑は肯定的ないし無価値。猜疑は否定的なもの。)
懐疑的思想:同意するに値するかどうかの根拠。人を惑わすごまかしを見破ること。懐疑論者、懐疑主義。
乖離(かいり):ギャップ、2つの存在・事象 ・概念・数値が、離れ離れになっていること
カリギュラ効果:禁止されたことがあるとかえってやりたくなってしまうという心理効果。「○○の方以外は見ないでください!」などの文章はカリギュラ効果による消費者心理への影響を狙ったもの。
機運:時期の回り合わせ。再評価の機運が高まる。機運到来、機運熟す。
希薄(きはく):物事に向かう気持ち・意欲などの弱いこと。
ギミック:仕掛け、策略、特殊効果の類い
強制2択:人間は頭に描けない事は絶対にNO、1回でも想像すればYESと言い易くその2択を選ばせる
糾弾(きゅうだん):罪や責任を問いただし、非難すること。 罪状を問いただして非難すること。
矜持(きょうじ):自分の能力を優れたものとして誇る気持ち。自負。プライド。「○○としての矜持を持つ。」
クラウドファンディング:やりたい事業や計画に共感してくれる人を集めて、少しずつお金を沢山集める
クロージング:モノ(商品)を売るまでの目標地点に辿り着くまでに、自分の世界観にクローズさせる
顕在化:物事がハッキリする、隠れているものを理解する
刑事コロンボ:最初にトジ、失敗談を言うことにより、相手の心の距離が近づく
啓蒙型:人に正しい知識を与え、正しい道を歩かせる
琴線:心の奥深くにある、物事に感動・共鳴しやすい感情を琴の糸にたとえていった語。
コモディティ化:商品に人気が出れば、誰かが真似して、価格競争になり、多様化される
コミット:納得、許可、許す、結果を確定させる事、目的を認識させること
コングロマリット化:複合化によるメリットを戦略的に狙い,企業規模を加速度的に拡大していく。異業種企業が相乗効果を期待して合併を繰り返して成立する。

【さ】
猜疑(さいぎ):人の言動をすなおに受け取らないで、何かたくらんでいるのではないかと疑うこと。騙されるかもしれない、と人を疑う気持ち。自分が不利になるのでは、と相手を信用できない気持ち。猜疑心に満ちた目(懐疑は肯定的ないし無価値。猜疑は否定的なもの。)
サイレントマジョリティ:皆が心の中で思ってはいるけど、言葉にできないもの。表現出来ないもの。
錯綜(さくそう):物事が複雑に入り組んでいること。入り交じって混乱すること。「情報が錯綜する・している」
忸怩たる思い(じくじたるおもい):過去のことを振り返るとき、自分の未熟さや、至らなさに気づき、その時の行動や考え方を深く恥じ入る
自己開示の法則:自分の心の弱い部分を見せると相手も自己開示しやすくなり、発展していくことに繋がり好感度が上がる。
憔悴(しょうすい):心配や疲労・病気のためにやせ衰えること。
初頭効果:一番最初の第一印象が大事ということ。
情報(インフォ)ビジネス:情報・知識を商品として提供し、インターネットで販売すること
ステルスマーケティング(stealth marketing):通称・ステマ。消費者に宣伝と気づかれないように自らの正体を隠し、宣伝広告ではないフリをしてこっそりと宣伝広告をすることです。 サクラとも呼ばれる
訴求(そきゅう):広告や販売などで、消費者の購買意欲に働きかけること。

【た】
体系化:
システムを構築する、プランが完成している状態
稚拙:幼稚で未熟なこと。また、そのさま。「例:稚拙な文章」
ドアインザフェイステクニック:最初に希望する要求より難しい要求を行い、後で比較的容易な本来希望する要求を行う手法。(フットインザドアテクニックの反対技法)
当然意識:当たり前のように振る舞い、当たり前のように行う(意識に刷り込む)
動画マーケティング:動画を使ったマーケット展開、YOUTUBEなど
テクニカルターム:その業界の専門用語、業界用語のこと

【な】
認知的不協和理論:人はなんらかの矛盾した2つの認知がある場合、屁理屈や、問題のすり替えを行い、自分の中で解決させる心理論。
ネット・リテラシー:嘘、偽情報に騙されないようにする技術。ネットを正しく使いこなす能力。つまり情報強者のこと、逆の情弱はネットリテラシーがない事になる

【は】
バイラル・マーケティング(Viral Marketing):テレビや雑誌に広告を打つタイプではなく、口コミなどで商品情報などを広める宣伝方法全般を指す。感染力・伝播力が極めて強いマーケティング手法
ハロー効果:ある対象を評価をする時に顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。認知バイアスの一種である。(CMのタレントはいい例である)
パラダイムシフト:エリートが一般企業にも参入する、時代の情勢が変わること
バンドワゴン効果:流行しているという情報が流れることで、その選択への支持が一層強くなることを指す。「すでに何万人も使用している」「絶大な効果(具体的な数値)を上げている」といった実例を挙げて消費者にけしかける手法が主流。
パーソナルスペース:パーソナルスペースとは、人は無意識のうちに、他人との間に距離をとって、快適な空間を保とうする個人的な空間のこと。
美辞麗句:巧みに美しく飾った言葉。うわべだけ飾った内容の乏しい、また真実味のない言葉の意。「美辞麗句を並べたスピーチだった」
ファクター(factor):要因、要素、因子、原因
ファネル:上が広く、下が狭い。 見込み客を大勢取り、徐々に絞り込んでいくマーケティング手法
フィーチャー(feature):特徴
フック:相手を釣るという意味、相手の心に引っ掛ける用語を言う。フック船長のフックみたいに引っかかる状態のことをさす。
フットインザドアテクニック:最初は簡単な要求からスタートし、徐々に難しい要求をすることにより、希望する要求を説得する手法。(ドアインザフェイステクニックの反対技法)
プラシーボ効果:偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言います。気持ちが体を変えることもあるというところ、マインドと深い関係がある。
プロスペクト理論:人間が利益や損失を伴う選択肢でどのような意思決定をするか、損失と利得をどのように評価をするのかを解説する理論
プロダクトローンチ:一度に沢山のリストを習得し、高額塾・ノウハウを売る手法
プロトタイプ:未完成なもの、まだ閑静されていないもの
プロパガンダ:思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った宣伝行為。 大きな政治的意味を持つ
ブレット:「限定」、唯一の、たったひとつの、という型
ブレイダンプ:頭の中にある情報を整理、紙に書き出すことで何をすればいいのか明確になる
プライオリティ:優先順位。優先順。自分が何を優先し進めていきたいのか
フラッシュ・マーケティング(Flash Mmarketing):通常価格に対して 50%OFF,70%OFFなど高い割引率や特典のクーポンを期間限定、人数限定で、時間限定で発行する広告宣伝、マーケティング手法。「短期間」(Flash) に 「宣伝集客」(Marketing)
ブーメラン効果:説得するつもりが、相手の強い抵抗や反発を招いたり、逆効果になってしまうこと。
辟易(へきえき):ひどく迷惑して、うんざりすること。嫌気がさすこと。閉口すること。「人々の多くは辟易しているようだ。
ベネフィット(benefit):利益、購入者にとっての具体的な未来を見せる、この商品を使うとあなたの未来は○○になるというメリット提示
返報性の法則(原理):人は他人から何らかの施しをしてもらうと、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。

【ま】
マインド:心の持ち方、あり方、メンタリティ、メンタル
マインドセット:経験、教育、先入観などから 形成される思考様式、心理状態
マーケティング:商品やサービスを狙った属性顧客に対してセールス(販売、広告等)する活動の全てを表す概念
ミラーリング:意識的に同じ仕草を真似することによって、された相手が「仲間」と潜在意識の中で感じ、好感を抱く事が出来る。
村八分(むらはちぶ):村落の中で掟や秩序を破った者に対して課される消極的制裁(共同絶交)行為についての俗称。江戸時代以降、村落で行われた私的制裁
メソッド:やり方・方法を表わす最も意味の広い一般的な語
モデリング:成功者の真似をする事、モデルをそのまま真似する

【や】

【ら】
リスクヘッジ:様々な起こりうるリスクを回避したり、その大きさを軽減 するように工夫することを指す
リテラシー:知識を蓄え、自分の中で整理し情報を使いこなす
流動性の原理:牛一頭30万→バラして売る(カルビ、ロース、その他)=バラ売り、自販機も同じ
量質転化の法則:量を重ねていくことで質的な変化を起こす現象。毎日繰り返し練習して何百回、何千回と失敗を重ねた頃、出来るようになる。これが量が質に転化した瞬間。
黎明期(れいめいき):夜明けにあたる時期。新しい文化・時代などが始まろうとする時期。新時代、新世代と同じ意味合い。
レバレッジ:てこの原理、少ない力で最大の効果を発揮させる、ネットで日本又は世界に繋がるレバレッジ
ロングテール:ニッチ商品でもアイテム数を幅広く取り揃えることで、総体としての売上げを大きくするもの。1つの商品を特化して長く売れ続ける意味を持つ

【わ】
歪曲(わいきょく):物をゆがめまげること。また、ゆがみまがること。事実をわざとゆがめて伝えること。例:事実を歪曲して書くメディア。

【A~Z】

次へ進む。

ネットビジネスとは?


ネットビジネス用語大辞典 ネットビジネスとは?

ネットビジネスで稼ぐ為に必要なこと

アフィリエイトとは? ネットビジネス(アフィリエイト)の種類

無料オファーアフィリエイトとは? ブログメルマガアフィリエイトとは?

起業に必要な4つのSTEP ネットビジネスマインド(精神)論

14000


14000



石井ちゃんのビジネス論を無料で公開中

あなたも1ヶ月で月収40~50万円の副収入をほったらかしで手に入れ、 時間に束縛されない自由な暮らしを手に入れてみたいとは思いませんか?

176,714円176,714円

アフィジェネレーター(Affi-Generater)が提案する、Affiliate Generation(革命)。

あなたのライフスタイルが180℃変わる実践型ノウハウを限定配信中です。
全てを無料で公開してるので、是非ご覧になってください。

14000

※読者限定プレゼント企画も毎月開催中!!





データ


               



このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.