情報商材とは?怪しいし、胡散臭い、詐欺…でも○○○?

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約4分

- 目次 -

情報商材(情報教材)とは?
情報商材のメリット・デメリット&特徴
でも…情報商材は詐欺じゃ…
情報商材は何故高いのか?
情報商材の種類と高い利益率

※指定の場所までスクロールして移動します。
※初めてご覧になる場合はスクロールせずゆっくり読まれる事をオススメします。

情報商材(情報教材)とは?


情報商材(情報教材)とは、
インターネットを介して売買される情報を商品として販売しているものの事で。

アフィリエイトってよく聞くけど、どんなビジネスなの?でもご紹介しましたが。




こうした場所で売られているもので。

情報商材はPDFファイル、動画、音声ファイルをダウンロードする形式で。
セミナー、ツール、塾、学校(?)なども販売もされています。

情報商材のメリット・デメリット&特徴


情報商材は一般書籍とは違い以下のようなメリットがあります。

専門ジャンルの最新の情報・テクニックを手に入れやすい
正確な情報・知識・ノウハウを手に入れられる
一般書籍よりも内容が具体的で普遍的なものが多い
商材を売ることが出来る、利益率が高い
飽和しないよう販売数が限定されているものがある
テンプレート、ツールなど、プロ並みのページを制作できる


逆に、デメリットはというと。

高額なものが多い
購入するまで中身が見れない
詐欺的な教材もある


中には使えない教材・塾を数万円~数十万で売る販売者がいたりするので、
初心者の方が購入する際は、特に注意が必要です。

特に初心者の方や、まだこの業界に不慣れな場合は、
最初から数十万という高額な商品には手を出さないようにしましょう。

勿論、本当に役に立つ情報商材もあります。

現に僕も良い情報商材に巡り合って実践してきたからこそ、
自由に生活が出来るようになりました。

ネットビジネス、アフィリエイトで稼ぐ方法を学び。
個人で稼ぐスキルを手に入れられたのは、情報商材を買ったからこそです。

一般的に抵抗があったり、マイナスイメージが多い商品ですが。
ちゃんとした情報商材と巡り合えば、人生が逆転する事は多々あります。

現に、今ネットビジネスで成功してきている人は、
ほとんどが情報商材を学んできた事によって自由とお金を得ています。

自由とお金を手に入れたいなら、
最短距離でその方法を知れる教科書のようなものと言えるでしょう。

また、情報商材は本屋で売られているような書籍とは全く違って、
かなり具体的なところまで教えてくれます。

書籍のように数多く流通しないからこそ書けることもあり、
動画とか、ツールとか、サポートとか、コミュニティなどのケースもあるので、
それらも情報商材特有の価値だと思います。

でもそれは、ある程度業界に詳しくなったから分かることで、
初めて情報商材を見たときはやはり不安でしたし、犯罪的な匂いも感じました。

普通の価値観を持つ人であればまず疑うのが自然でしょう。

でも…情報商材は詐欺じゃ…


とは、言っても。

情報商材というと、
「怪しい」「胡散臭い」というイメージを持つ人が多いと思います。

僕自身、初めて買うまでは怪しいモノと思っていました。

ネットで情報商材のページを見つけては、
「胡散臭すぎる…詐欺じゃないの…。」と、思ってました。

きっと世の中の大半はこの感覚を持って見ていると思います。

セールスレター(販売ページ)なんか強烈に厭らしいですし。
過剰なキャッチフレーズや、コピーが羅列されています。

「片手間で楽々、寝てて100万円達成した稼ぐ術とは!?」
「借金3000万から僅か1年でネットで3億稼ぎだした方法とは!?」
「子育ての主婦が1日30分で夫の年収を1か月で超えた方法とは!?」


どう考えても怪しいと思うのが普通です。(苦笑)

特に、お金稼ぎ系の情報売買というのは、
自然と胡散臭いと思ってしまうのが普通の心理と言えます。

ですが、本来。

情報を売るという事は別に悪いことではなくて、
自分が持っている知識や経験、ノウハウをお金を貰って教えるだけです。

例えば、家庭教師や塾の先生などは自分の持っている、
知識や情報を生徒に提供して、その対価としてお金(給料)を貰いますよね?

コンサルタント、アドバイザーなども、
自分の持っている知識やノウハウ、経験をお金に変えています。

これも立派な情報販売であり、基本的には情報商材と同じフィールドです。
教科書、辞典、参考書、雑誌、書籍も全て情報商材です。

それぞれ形態、フォーマットは違えど、
情報・知識を販売しお金と交換しています。

ネットを介して売買される情報の名称が情報商材と言われているだけで。
基本的にリアルビジネスの構造と何ら変わらないと思っておいていいでしょう。

情報商材は何故高いのか?


情報商材が詐欺、怪しいとイメージしてしまう理由の1つに、
値段が高額という事が考えられます。

ですが、値段は商材によってピンキリです。

1000円の教材もありますし、1万円の教材もあります。
100万円のセミナーやコンテンツもあります。

コチラの記事も合わせてお読みになって頂きたいのですが。

1

商材というのは買うまで中身がわかりません。
買ってみなければどんなものなのかわからないのです。

前述しましたが、情報・知識を売るっていうのは悪いことではなく、
自分の持っている知識や経験、ノウハウをお金を貰って教えるだけです。

お金を稼ぐ方法でもいいし、ダイエットに成功した方法でもいい、
ナンパに成功した方法や、目が良くなった方法、効率の良い勉強方法、
英語をマスターする方法、ホームページを作る方法、料理方法などなど。

人に教えられる「情報・知識」をあなたが持っていれば、
それを提供すれば対価としてお金を貰う事が可能になります。

例えば、あなたが「10万円稼ぐノウハウ」を知っていたとして、
その方法をPDFや音声などにまとめ。

1万円で販売して100人が、その商品を買えば100万円です。

「1万円稼ぐノウハウ」
「異性にモテるノウハウ」
「マッチョになれるノウハウ」

など、あなたの知識を体系化すれば、
500円、1000円、1万円で売る事が出来るのです。

値段は自分で設定出来ます。

その商品を買うか、買わないかは、お客さんが決める事なので。

値段を幾らにするかは作り手の心1つで決まります。
値段が高いから良くて、値段が安いから悪いものでもなく。

「この値段なら買ってもいい(売ってもいい)」

という自己判断基準の中で判断しなければいけません。

情報・知識は日常で売買されている
情報・知識はお金に変えられる
情報・知識の値段は自分で決められる

この3つを覚えておいてください。

1万~3万の素晴らしい教材は沢山ありますし。
10万円で役に立たない教材も沢山存在します。

でも、悩みを抱えている人に取っては、
どの商品を買えば悩みが解決出来るのか判断出来ません。

10万円の商品がいいと思って買ったのに、
中身がショボくて損をしてしまった…。

こういうパターンは極力避けたいと思うのが普通だと思います。

そこで、アフィリエイターが登場するわけです。
アフィリエイターのする事は商品の仲介です。

お客さんが「この商品は一体どういうものなんだろう?」。

という悩みを解決してもらうべく。

商品の必要性、便宜性、有益性、デメリットを正しく伝え、
あなたの情報を信じた人が、あなたの元から商品を買ってくれます。

アフィリエイターは商品を作る必要はありませんので。

お客さんに対して

「この商品は○○です。●●でお悩みな人は買うべきですよ」と、
商品の紹介をすればいいだけという事です。

情報商材の種類と高い利益率


情報商材の種類は沢山あります。

ネットで見込み客を集める、集客スキルノウハウ
売れる商品を選択し見つける、商品選定力ノウハウ
文章を書いて商品を売るので、売れるライティングノウハウ
ブログデザイン、商品配置、LP作成、デザインノウハウ&ツール
どんな商品でも売る事が出来る、セールススキルノウハウ
・・・etc。

商品の種類も塾、ノウハウ、ツール、音声、動画、PDFなど様々。

学ぶスキルやノウハウは人それぞれ悩みによって違いますから。

あなたの足りないと感じる、知識、スキルを学び、
個人のビジネススキルをVer UPしていく形です。

もし、あなたが既に売れるライティング技術を持っているなら、
ライティング教材を買う必要はありません。

この場合、必要なのはお客さんを呼ぶ力、つまり集客スキルです。
集客が出来れば、ライティングを活かして商品を売る事が出来ます。

逆にお客さんが呼べるのに、ライティングが書けないという事なのであれば、
ライティング系の教材を買って、売れる文章術を学べばいいという話です。

売れるライティング術×集客が出来れば、商品を売る事は出来ますよね。

更に、デザイン力、マーケティング力、セールススキルなどなど、
ビジネススキルを上げていけば、自然と懐に入る収入が増えていきます。

また、利益率が高いのも1つの特徴としてあります。

「楽天」や「Amazon」の商品をアフィリエイトをしたとしても
報酬単価が低すぎて余り収入になりません。

楽天とAmazonの報酬額のほとんどが販売価格の1%です。

1000円の商品を売っても10円。
10000円の商品を売っても100円。

その点、情報商材は、
1万円の商品に対して8,800円の報酬が貰えるものもあります。

報酬

更に、販売者(インフォプレナー)から個別報酬設定が加わる事もあります。

報酬1

情報商材はPDFファイルなどのデータで販売されることが多く、
元手がほとんどかからず、一旦作ってしまえば“複製が可能”なので。

本や書籍と違って印刷する手間がなく、
単純に見込み客を集めるだけで売り上げが2倍3倍になったりします。

「ネットで月収1,000万」などとうたっている方法は、
この情報商材に絡んだ方法であることが多いです。

あなたが、今後ネットビジネスで本気で稼ぎたいのであれば、
良い商材は少し無理をしてでも購入する価値はあると思います。

僕はこれまでに色んな情報商材を購入してきたので、
良い商材についてはその都度レビューしています。

それを参考にしていただければ、
初心者の方でも詐欺に引っ掛かってしまうことはないでしょう。

ビジネススキル適正診断所

何を選んだらよいか分からなければご相談いただいてもOKです。
詳しい状況をお教えいただければ深くアドバイスします。

NEXT

14000

- 目次 -

情報商材(情報教材)とは?
情報商材のメリット・デメリット&特徴
でも…情報商材は詐欺じゃ…
情報商材は何故高いのか?
情報商材の種類と高い利益率

14000
14000
14000
14000
14000
14000
14000
14000



石井ちゃんのビジネス論を無料で公開中

あなたも1ヶ月で月収40~50万円の副収入をほったらかしで手に入れ、 時間に束縛されない自由な暮らしを手に入れてみたいとは思いませんか?

176,714円176,714円

アフィジェネレーター(Affi-Generater)が提案する、Affiliate Generation(革命)。

あなたのライフスタイルが180℃変わる実践型ノウハウを限定配信中です。
全てを無料で公開してるので、是非ご覧になってください。

14000

※読者限定プレゼント企画も毎月開催中!!





データ


               



このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.